Skip To main Contents

演説&発言

慰安婦運動をめぐる議論が大変、混乱しています。私から口にするのも慎重にならざるを得ない話題です。 結論から申し上げますと、慰安婦運動の大義は堅く守られなければなりません。慰安婦運動30年の歴史は、人間の尊厳の保護と女性人権、平和に向けた足取りでした。人類普遍の価値を実現しようとする崇高な意志が損なわれてはなりません。 金学順(キム・ハクスン)ハルモ二の歴史的な証言から慰安婦運動は始まりました。被害者自らが沈黙の壁を打ち破って「自分が生きている証拠だ」と叫び、街や法廷で、また国内や国際社会に向けて被害の惨状を発信して、正義に基づく解決を呼びかけました。 戦争中に行われた女性に対する残酷な性暴力犯罪が世界に知らされ、韓日間の問題を超えて人類普遍の人権と平和の問題へと議論が広がりました。 世界各地にいる戦時性犯罪による被害者たちに大きな勇気を与え、国連をはじめとする国際社会の共感と支持を得て、世界的な女性人権運動の象徴となりました。慰安婦ハルモ二一人ひとりが運動の主体となり、堂々と勇気のある行動を示したからこそのことでした。 今では多くの方々がお亡くなりになり、慰安婦ハルモ二は17人だけがご存命となりました。どなたも慰安婦の真実を解明する生き証人の方々です。 とりわけ、李容洙(イ・ヨンス)ハルモ二は慰安婦運動の歴史といえる方です。慰安婦問題を世界的問題へと発展させることに多大な役割を果たされました。米下院で初めて慰安婦問題を生々しく証言することにより、日本政府の謝罪と歴史における責任について触れた慰安婦決議案の採択に決定的な貢献をされました。 フランス議会で…
  • Total : 11
  • Page : 1 / 2
top