Skip To main Contents

演説&発言

(非公式翻訳) 尊敬する国民の皆様、 独立有功者、並びに御遺族の皆様、 海外同胞の皆様、 光復75周年を迎えた本日、 全身全霊を捧げて国の独立を成し遂げられた 烈士の方々の尊い犠牲とその精神を、改めて噛みしめております。 本日の慶祝式典は、 愛国の士の皆様をお迎えすることで幕を開けました。 林優喆様は101歳となられ、 他のお三方も百寿を目の前にしておられます。 いかなる礼をもってしても、 大韓民国の目覚ましい発展と矜持を築かれた皆様お一人お一人の功に とうてい報いることはできません。 現在ご存命の愛国の士の方々は 今や31名に過ぎません。 本日、この慶祝式のためにご足労いただいた 愛国の士の林優喆、金榮觀、李英守、張炳夏様に 深い敬意と感謝を込めて、大きな拍手を送りたく存じます。 我々の光復は、国民一人一人が 民主共和国の主として共に立ち上がり、成し遂げたものであります。 自らの人生の主役として、 大小様々な成果を挙げてこられた全ての方々が 今日を生きる我々を支える根幹となって下さっているのです。 烈士の皆様は ‘力を合わせれば、いかなる危機も乗り越えられる’という信念を ‘巨大な歴史の根幹’として我々に遺して下さいました。 故に我々はコロナ禍を克服する過程においても 共に危機を乗り越え、 我々自身の力を改めて確認することができました。 現在、異常気象による巨大な自然災害が またも我々の日常を脅かしています。 しかし我々は、必ずやそれに打ち克…
  • Total : 12
  • Page : 1 / 2
top