Skip To main Contents

演説&発言

本日の国務会議は誰も揺るがすことのできない強い経済を作るという 並々ならぬ覚悟と意志を込めて韓国科学技術研究院で開くことと なりました。本年2月、新たな100年の未来を描いて 白凡記念館で国務会議を開いてから2回目となる現場での 国務会議です。 韓国科学技術研究院は、大韓民国における科学技術のゆりかごです。 韓国が科学技術の不毛の地に等しかった頃、科学立国、 技術自立の旗印の下に設立され、技術の国産化と自立化に取り組んで きました。 鉄鋼、造船、半導体、自動車など「漢江の奇跡」をリードした韓国産業の青写真がここで描かれました。 今や先進国の技術を追いかけるレベルを超えて、世界をリードして いくオリジナル技術の開発を先導しています。未来型ロボット分野の ロボット・メディア研究所やつい先程訪れた次世代半導体研究センターがまさにその現場といえます。 経済大国建設の原動力となる科学技術の現場にて国務会議を 開くことの意味を、しっかりと心に留めていただきたいと思います。 材料・部品・装置産業における競争力の強化は経済大国に向けた国家戦略課題です。韓日関係だけでなく、韓国経済100年の土台を作ることです。材料・部品・装置産業における競争力の強化は製造業のイノベーションを通じて、製造大国、ものづくり大国へと再び飛躍する道です。製造業の競争力における中核要素なのです。 とくに材料・部品・装置産業の競争力を抜本的に強化するためには、中核技術の自立化をさらに加速する必要があります。材料・部品・装置メーカーは全製造業界の生産・雇用の半分を占めていま…
  • Total : 3
  • Page : 1 / 1
top